DIGITAL SHIFT BEATS

新しい価値創造に挑戦し続ける人や文化をお届けします。
グループが一体となって鳴らす「デジタルシフト」の鼓動をお聞きください。

  • STUDY
    近年、ChatGPTの台頭をはじめ、生成AIによる業務変革が注目されています。AIの需要増に伴い、半導体の開発も世界的に競争が激化するなど、AIはビジネスの最前線で活用されているイメージが強いかもしれません。しかし、実は身近なところでもAIの導入は進められていて、私たちの日常生活にも確実に浸透しています。今回は、そのような身近で見られるAIの活用事例に関する記事をお届けします。
    ※紹介する記事の内容は掲載時点のものです。
    2024.05.16
  • STUDY
    人とAIの共存が当たり前になっていく社会において、教育のあり方を再定義し、アントレプレナーシップ教育を推進する必要がある。この考えのもと、リクルート スタディサプリ教育AI研究所の所長であり、一般社団法人生成AI活用普及協会(GUGA)で理事を務める小宮山 利恵子氏が、「AI時代の教育変革」をテーマに、対談を通じて教育現場の実情や事例を紐解く連載企画。第2回の対談相手は、東京大学大学院経済学研究科・経済学部の柳川 範之教授です。柳川教授は、父親の海外転勤に伴いブラジルへ行き、現地の高校には通わず、独学で大検(大学入学資格検定試験)を取得。その後、シンガポールで慶應義塾大学の通信教育過程を受けて学者の道に進むという異色の経歴のもと、その経験を踏まえ「独学」という学びのスタイルを提唱されています。
    2024.05.14
  • PEOPLE
    2023年6月、デジタルホールディングスグループにジョイン。翌年4月、新生オプトのマーケティング開発領域 上級執行役員に着任した竹村義輝。そのバックボーンは、他者とは一線を画すユニークさが際立ちます。しかし、各フィールドでつかんだ経験と実績は、本質を見抜く眼力と、どのフィールドでも活躍できる胆力を育てました。そのキャリアとこれからを紹介します。
    2024.05.10
  • STUDY
    データ解析・機械学習技術を用いたサービス開発を手掛けるRe Data Science株式会社の代表であり、株式会社オプトとともに画像生成AIを取り入れた広告制作に取り組む高田悠矢氏によると、広告業界にとって2023年9月は、本当の意味での画像生成AI登場のタイミングであり、クリエイティブ制作の「当たり前」が根本から変わる歴史的転換点と言えるとのこと。

    この歴史的転換点を経て「低コストで多くのクリエイティブのバリエーションの広告の制作が可能」となったことを証明すべく、高田氏らは、同月に「生成AIを活用したクリエイティブ制作コンテスト」を開催しました。このコンテストにより、どのような事実が明らかになったでしょうか。
    2024.05.09
  • STUDY
    短期間で大きな成長を目指す企業である「スタートアップ」。一方で、急速な成長を目指すからこそ、まさに「成長痛」とも言えるような課題や問題が発生することもまた事実です。そのような課題と解決策に向き合うべく、分割・後払い(BNPL)サービス「AD YELL(アドエール)」「STOCK YELL(ストックエール)」を展開する株式会社バンカブルと、スローガン株式会社が運営するビジネスコミュニティ「FastGrow」は、2024年3月28日、オフラインイベント「スタートアップ企業経営の『ここだけの話』─アーリー期からミドル期の難局とその解決策を探る」を開催しました。異なるフェーズの急成長スタートアップ4社から、起業家・経営者を招き、それぞれが直面している悩みや、その解決策を探りました。今回は、本イベントで行われたトークセッションをレポートします。
    2024.04.25
  • STUDY
    「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で、設立10年以内の非上場企業を伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほど珍しいという意味だ。かつては、MetaやX(旧、Twitter)もそう称されていた。本連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は、生成AIサービス「Claude(クロード) 3」を提供する「Anthropic(アンソロピック)」を取り上げる。Claude 3は、2024年3月に発表されたばかりで、性能の高さが注目されている。
    2024.04.18

FUTURE

新しい価値創造に挑戦し続ける人や文化をお届けします。
グループが一体となって鳴らす「デジタルシフト」の鼓動をお聞きください。

PEOPLE

新しい価値創造に挑戦し続ける人や文化をお届けします。
グループが一体となって鳴らす「デジタルシフト」の鼓動をお聞きください。

CULTURE

新しい価値創造に挑戦し続ける人や文化をお届けします。
グループが一体となって鳴らす「デジタルシフト」の鼓動をお聞きください。

  • CULTURE
    2024年4月1日(月)に、デジタルホールディングスグループは、東京配属65名、沖縄配属14名の新入社員を迎えました。期待と熱意を胸に宿した新入社員の1日目についてレポートします。
    2024.04.08
  • CULTURE
    デジタルホールディングスグループでは、性別やバックグラウンドなどに関係なく、多様な人材が活躍できることを目指しています。「新しい価値創造を通じて産業変革を起こし、社会課題を解決する。」というパーパスを掲げる当グループにとって、多様性は新しい価値創造の源泉であり、DE&I(ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン)は、重要な経営戦略のひとつです。

    当グループは、社員の43.8%(2023年7月時点)が女性であり、女性活躍は重要なテーマです。今年はデジタル・キャリア・カフェに加えて、女性社員の育成に関わるマネージャーを対象に「ダイバーシティマネジメント 女性社員育成研修」を実施しました。
    社員の育成におけるマネージャーの役割を再認識し、女性のキャリアに関する特性や課題を、マネジメントする上司も共に学び、キャリアの伴走者となることで、包括的な女性社員の自己実現の支援を目的としています。
    本記事では、参加者の声も交えながら研修の様子をレポートします。
    2023.12.22
  • CULTURE
    デジタルホールディングスグループでは、性別やバックグラウンドなどに関係なく、多様な人材が活躍できることを目指しています。「新しい価値創造を通じて産業変革を起こし、社会課題を解決する。」というパーパスを掲げる当グループにとって、多様性は新しい価値創造の源泉であり、DE&I(ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン)は、重要な経営戦略のひとつです。

    当グループは、社員の43.8%(2023年7月時点)が女性であり、女性活躍は重要なテーマです。その実現に向けた取り組みのひとつが、2022年から実施している、女性社員を対象としたキャリア研修「デジタル・キャリア・カフェ(以下、キャリアカフェ)」です。
    本記事では、参加者の声も交えながらキャリアカフェの様子をレポートします。
    2023.12.20
  • CULTURE
    デジタルホールディングスグループは、男性の育児休業取得促進を目的に、2022年4月より最短10日から最長20日まで取得可能な特別有給休暇「チャイルドケア休暇」をスタートしました。導入後の取得者は20名を超え、2022年度の男性育休取得率は83.3%まで上昇しました。育休前面談などのサポート体制の構築や、全管理職に対し男性育休に関する研修を必須参加とするなど、理解促進と環境づくりにも力を注いでいます。

    今回は、本制度を利用した男性社員3名の体験談を聞く座談会を実施。取得の効果や自らに起きた意識の変化、さらには会社の現状から考えられる課題と解決に向けた提言まで、思いのままに語ってもらいました。後編は、「チャイルドケア休暇」によって得られた学びや価値観の変化を振り返り、組織のなかでの活かし方を模索します。
    2023.11.01
  • CULTURE
    デジタルホールディングスグループ(以下、当社グループ)では、パーパスやバリュー(「5BEATS」)にも記している「新しい価値創造」を体現する社員を讃えるグループ社員総会『New Value Forum』を2021年度から開催しています。今回、この機会を年に一度に留めるのではなく、年間を通して社員とともに探索する機会にしたいと考え、『New Value Forum 2023』のファイナリストたちによる社内イベントの開催に至りました。
    今回、『New Value Forum 2023』プロフェッショナル部門において準グランプリを受賞した株式会社オプトECチャネル戦略部チームマネージャーの塚本くるみと、同部部長の山岡真士による座談会と懇親会を、第一弾イベントとして2023年9月26日(火)に実施しました。

    イベント参加者からは、「事業の変遷と個人のモチベーションの推移を重ねることで、自分自身を投影しながら理解ができた」「プロダクトを生み出し、ユーザーを増やしながら課題を解決していく当社グループならではの一つの型を知ることができた」など、さまざまなコメントが寄せられました。

    こちらは、その座談会の内容をまとめたレポートです。
    2023.10.31
  • CULTURE
    デジタルホールディングスグループは、男性の育児休業取得促進を目的に、2022年4月より最短10日から最長20日まで取得可能な特別休暇制度「チャイルドケア休暇」をスタートしました。導入後の取得者は20名を超え、2022年度の男性育休取得率は83.3%まで上昇しました。育休前面談などのサポート体制の構築や、全管理職に対し男性育休に関する研修を必須参加とするなど、理解促進と環境づくりにも力を注いでいます。
    今回は、本制度を利用した男性社員3名の体験談を聞く座談会を実施。取得の効果や自らに起きた意識の変化、さらには会社の現状から考えられる課題と解決に向けた提言まで、思いのままに語ってもらいました。前後編の2回に分けてお届けします。
    2023.10.30

STUDY

新しい価値創造に挑戦し続ける人や文化をお届けします。
グループが一体となって鳴らす「デジタルシフト」の鼓動をお聞きください。

  • STUDY
    近年、ChatGPTの台頭をはじめ、生成AIによる業務変革が注目されています。AIの需要増に伴い、半導体の開発も世界的に競争が激化するなど、AIはビジネスの最前線で活用されているイメージが強いかもしれません。しかし、実は身近なところでもAIの導入は進められていて、私たちの日常生活にも確実に浸透しています。今回は、そのような身近で見られるAIの活用事例に関する記事をお届けします。
    ※紹介する記事の内容は掲載時点のものです。
    2024.05.16
  • STUDY
    人とAIの共存が当たり前になっていく社会において、教育のあり方を再定義し、アントレプレナーシップ教育を推進する必要がある。この考えのもと、リクルート スタディサプリ教育AI研究所の所長であり、一般社団法人生成AI活用普及協会(GUGA)で理事を務める小宮山 利恵子氏が、「AI時代の教育変革」をテーマに、対談を通じて教育現場の実情や事例を紐解く連載企画。第2回の対談相手は、東京大学大学院経済学研究科・経済学部の柳川 範之教授です。柳川教授は、父親の海外転勤に伴いブラジルへ行き、現地の高校には通わず、独学で大検(大学入学資格検定試験)を取得。その後、シンガポールで慶應義塾大学の通信教育過程を受けて学者の道に進むという異色の経歴のもと、その経験を踏まえ「独学」という学びのスタイルを提唱されています。
    2024.05.14
  • STUDY
    データ解析・機械学習技術を用いたサービス開発を手掛けるRe Data Science株式会社の代表であり、株式会社オプトとともに画像生成AIを取り入れた広告制作に取り組む高田悠矢氏によると、広告業界にとって2023年9月は、本当の意味での画像生成AI登場のタイミングであり、クリエイティブ制作の「当たり前」が根本から変わる歴史的転換点と言えるとのこと。

    この歴史的転換点を経て「低コストで多くのクリエイティブのバリエーションの広告の制作が可能」となったことを証明すべく、高田氏らは、同月に「生成AIを活用したクリエイティブ制作コンテスト」を開催しました。このコンテストにより、どのような事実が明らかになったでしょうか。
    2024.05.09
  • STUDY
    短期間で大きな成長を目指す企業である「スタートアップ」。一方で、急速な成長を目指すからこそ、まさに「成長痛」とも言えるような課題や問題が発生することもまた事実です。そのような課題と解決策に向き合うべく、分割・後払い(BNPL)サービス「AD YELL(アドエール)」「STOCK YELL(ストックエール)」を展開する株式会社バンカブルと、スローガン株式会社が運営するビジネスコミュニティ「FastGrow」は、2024年3月28日、オフラインイベント「スタートアップ企業経営の『ここだけの話』─アーリー期からミドル期の難局とその解決策を探る」を開催しました。異なるフェーズの急成長スタートアップ4社から、起業家・経営者を招き、それぞれが直面している悩みや、その解決策を探りました。今回は、本イベントで行われたトークセッションをレポートします。
    2024.04.25
  • STUDY
    「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で、設立10年以内の非上場企業を伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほど珍しいという意味だ。かつては、MetaやX(旧、Twitter)もそう称されていた。本連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は、生成AIサービス「Claude(クロード) 3」を提供する「Anthropic(アンソロピック)」を取り上げる。Claude 3は、2024年3月に発表されたばかりで、性能の高さが注目されている。
    2024.04.18
  • STUDY
    世界34か国・地域でレストランとゲストをつなぐプラットフォームを提供する「TableCheck(テーブルチェック)」。「Dining Connected 世界中のレストランとゲストを繋ぐプラットフォーム」をミッションに掲げ、飲食店、ユーザー双方にとって、より良いダイニング体験を提供することを目指し、2024年2月には、飲食店の優先案内サービス「TableCheck FastPass(以下、テーブルチェック ファストパス)」をリリースしました。
    2024.04.16

Pick Up

  • この4月から新体制となった、オプト。最前線で指揮を執るのは、これまでオプト代表取締役社長 CEOを経て、デジタルホールディングスの取締役 グループCOOとしてグループを牽引してきた金澤大輔です。
    新たなスタートラインに立った金澤に、これまでのキャリアと、デジタルホールディングス取締役 グループCOOとしての3年間の総括、そこから踏み出す次の目的地への歩み方を尋ねました。
  • 入社式開始時刻よりも一足早く集まった、新入社員の皆さん。内定式以来の同期と再会し、和やかな表情で、式の開会を待っていました。
    話を聞いてみると、「前日は、新生活の準備にバタバタしていた」「内定式以来の同期に会えることが楽しみ」「不安よりも期待の方が大きい」など、さまざまな声を聞くことができました。
  • 短期間で大きな成長を目指す企業である「スタートアップ」。一方で、急速な成長を目指すからこそ、まさに「成長痛」とも言えるような課題や問題が発生することもまた事実です。そのような課題と解決策に向き合うべく、分割・後払い(BNPL)サービス「AD YELL(アドエール)」「STOCK YELL(ストックエール)」を展開する株式会社バンカブルと、スローガン株式会社が運営するビジネスコミュニティ「FastGrow」は、2024年3月28日、オフラインイベント「スタートアップ企業経営の『ここだけの話』─アーリー期からミドル期の難局とその解決策を探る」を開催しました。異なるフェーズの急成長スタートアップ4社から、起業家・経営者を招き、それぞれが直面している悩みや、その解決策を探りました。今回は、本イベントで行われたトークセッションをレポートします。

MOVIE

デジタルホールディングスの社員総会「New Value Forum 2023」プロフェッショナル部門にて、グランプリを受賞した西山の人生を辿るドキュメンタリー映像です。