GROUP CEO MESSAGE

もっと見る

グループCEO野内より、採用や人材に関する考え方についてご説明しています。

デジタルホールディングス
代表取締役社長 グループCEO

野内 敦

DIGITAL HOLDINGS
HISTORY

グループの沿革をご紹介しています。

もっと見る

ABOUT
DIGITAL HOLDINGS

デジタルホールディングスグループをインフォグラフィックスでご紹介しています。

もっと見る
  • 新卒採用
  • 中途採用

デジタルホールディングスグループの社員や採用に関する情報を掲載しています。

CAREERS PICK UP

  • ことし4月6日に開催された、グループ社員総会『New Value Forum 2023』でグランプリを受賞した西山菜寧。受賞の背景には、業務改善のためにそれまで無縁だったプログラミングを習得しようと一念発起したことにあった。社内業務の改善を推進する思いは、いつしか社内を巻き込むムーブメントに。現在は、西山のもとプログラミングに取り組む社員の良き相談役として活動するほか、社内ツールの開発にも取り組んでいます。自ら仕事を創出し、グループ全社から求められるスキルを身に着けた西山が描いてきたキャリアとは。
  • 競合ひしめく求人広告業界で、営業としてキャリアの地固めをしてきた黒瀬優。オプト社に入社後は、数々の事業の立ち上げに携わってきました。今回、新たに任されたミッションは、「グループ営業力の強化」「グループとしての新たな価値提供のカタチ創り」この命題の実現の先に、どんな価値を提供していくのか、その先で見たい景色とは。
  • デジタルホールディングスのIR担当として経営者と外部ステークホルダーの架け橋を担う伊藤ゆき。経営者を間近で見て、株主や投資家と直接対話する伊藤が考えるデジタルホールディングスグループの魅力、そしてこれからの展望とは。
  • 広告の効果をより高められるよう、既存のクリエイティブに3DCGやAIを活用し、新たな表現手法を模索していくことを目的に誕生したオプトのクリエイティブ表現開発Lab「+do(プラスドゥ)」。2022年12月よりスタートしたこのLabを牽引しているのが、2018年に入社した端山祐也です。「+do」で端山が担う役割や今に至るまでの軌跡、今後の展望、そして、端山がテクノロジーで挑戦する、新たな広告クリエイティブとは。

CAREERS NEW

PROFESSIONALS
2023年入社、福井県出身の内田建。学生時代、データ活用による“事象の可視化”のおもしろさに開眼。その情熱は、現在も内田が目指すキャリアとともにあります。プロのマーケターになる——。そのために着実な成長を遂げようと、力強く進み続ける本人の原点と現在地、目指す到達点に迫りました。
EXECUTIVE
2023年6月、デジタルホールディングスグループにジョイン。翌年4月、新生オプトのマーケティング開発領域 上級執行役員に着任した竹村義輝。そのバックボーンは、他者とは一線を画すユニークさが際立ちます。しかし、各フィールドでつかんだ経験と実績は、本質を見抜く眼力と、どのフィールドでも活躍できる胆力を育てました。そのキャリアとこれからを紹介します。
EXECUTIVE
この4月から新体制となった、オプト。最前線で指揮を執るのは、これまでオプト代表取締役社長 CEOを経て、デジタルホールディングスの取締役 グループCOOとしてグループを牽引してきた金澤大輔です。
新たなスタートラインに立った金澤に、これまでのキャリアと、デジタルホールディングス取締役 グループCOOとしての3年間の総括、そこから踏み出す次の目的地への歩み方を尋ねました。
EXECUTIVE
デジタルホールディングスグループの人事最高責任者(CHRO)を務める石綿純。2018年の就任以来、新しい価値を生み出せる組織づくり、豊かなビジネスマインドを持ち合わせた人材育成に力を注いでいます。
「個の尊重」を根底に置く石綿の人材に対する価値観。新年度からスタートする新たな経営戦略とどう掛け合わせていくのでしょうか。
DIGITAL HOLDINGS JOB