GROUP CEO MESSAGE

もっと見る

グループCEO野内より、採用や人材に関する考え方についてご説明しています。

デジタルホールディングス
代表取締役社長 グループCEO

野内 敦

DIGITAL HOLDINGS
HISTORY

グループの沿革をご紹介しています。

もっと見る

ABOUT
DIGITAL HOLDINGS

デジタルホールディングスグループをインフォグラフィックスでご紹介しています。

もっと見る

デジタルホールディングスグループの社員や採用に関する情報を掲載しています。

CAREERS PICK UP

  • 2015年4月オプト新卒入社。SNSコンサルタントとして様々な企業のSNS活用支援に従事。ライターとして、若年層のSNSの使い方やInstagramマーケティングに関する記事を執筆。フリーのフォトグラファーとしても活動しており、撮影の仕事から派生する形で、スマホ撮影術などのセミナー講師、フォトスポット開発など仕事の幅を広げている。
  • 株式会社オプトの上席執行役員として、マーケティング事業を管掌する前村真之介。デザイナーとしてキャリアをスタートした後、当時業務提携をしていた電通に出向し、プランニング業務に従事するなど、活躍の幅を広げてきました。自身の好奇心を元にキャリアを築いてきたと話す前村が、今最も関心を持っていることとは。そしてオプトのマーケティング事業を担っていく上で、力を注いでいくこととは?
  • 国内最大規模を誇る、AI開発コンペティションを中心とした「データサイエンスプラットフォーム」を運営している株式会社SIGNATE。その中で高田朋貴は、データサイエンティストとして、コンペティションの設計やデータサイエンティスト育成のための教育コンテンツ開発などに携わっています。アカデミアの世界に居た高田が、ビジネスの世界の扉を叩いた理由とは?ビジネスでお客様と向き合う中で、大切にしている想いとは?
  • EXECUTIVE INTERVIEW
    デジタルホールディングスグループの人事最高責任者(CHRO)を務める石綿は、株式会社リクルートで、グループ人事部長を務め、同社のグローバル化を支えるなど人事領域から事業発展に貢献してきました。石綿がデジタルホールディングスグループで目指す人材改革とは?

CAREERS NEW

PROFESSIONALS
現在、コンテンツプランニング部、メディアコンテンツ部、インフルエンサーマーケティング部と、コンテンツマーケティングに関する3つの部署を部長として管掌する野口陽介。
PROFESSIONALS
国際的な広告祭で審査員を務めるなど、オプトを代表するクリエイティブディレクターの高田勝義。日本を代表するコピーライターである眞木準氏に師事してキャリアをスタートさせ、大手広告代理店などで経験を積んできました。そんな高田が株式会社オプトに入社した理由とは?高田が考える広告コミュニケーションにおけるデジタルの可能性、そしてこれからの広告の在り方に迫りました。
PROFESSIONALS
株式会社オプトにて、LINE戦略部の部長を務めながら、2020年4月に新設した「LINE Innovation Center(LIC)」の副センター長を兼任する早田翼。LIC設立の元になったのは、「LINE社と共にイノベーションを起こすことで、お客様により新しい価値を提供していける」という想いでした。LINE社にとって唯一無二のパートナーとなるために、早田が力を入れたこととは。LINEという巨大プラットフォームとの繋がりがあるからこそ、実現できることとは?
PROFESSIONALS
O2O、オムニチャネル領域のマーケティング支援を行う株式会社コネクトムで代表取締役社長を務める久米田晶亮。アメリカの注目トレンドであったO2O分野に可能性を感じ、会社を起ち上げたものの、市場黎明期からの取り組みは厳しいものでした。苦難を乗り越え、今変革の時期を迎えているコネクトムの新サービスと、社会に提供する価値に迫ります。
DIGITAL HOLDINGS JOB