GROUP CEO MESSAGE

もっと見る

グループCEO野内より、採用や人材に関する考え方についてご説明しています。

デジタルホールディングス
代表取締役社長 グループCEO

野内 敦

DIGITAL HOLDINGS
HISTORY

グループの沿革をご紹介しています。

もっと見る

ABOUT
DIGITAL HOLDINGS

デジタルホールディングスグループをインフォグラフィックスでご紹介しています。

もっと見る
  • 新卒採用
  • 中途採用

デジタルホールディングスグループの社員や採用に関する情報を掲載しています。

CAREERS PICK UP

  • インターネット黎明期から、株式会社オプトの主力商品であり、オプトの急成長を支えた広告効果測定ツール「ADPLAN(アドプラン)」。その事業譲渡と新しい構想への舵きりを決断したのが、データテクノロジー部部長の岩本智裕です。オプトのテクノロジー領域を牽引してきた岩本は、市場の行方を見据え、独自のテック構想を描いてきました。岩本が予期するデジタルマーケティングの未来と、その構想に迫ります。
  • 株式会社オプトの第2営業部で部長を務める恵下麻理子は、もとは福岡営業所の立ち上げメンバーとして採用され、オプトでのキャリアをたった一人の事業所でスタートさせました。プレイヤーとして、マネージャーとして、コツコツと経験を積みながら活躍のフィールドを広げてきた恵下。いま、自身を育ててくれたEC業界へのさらなる貢献をめざし、新たな挑戦をはじめています。
  • 営業部長として活躍し、自他共に認める「オプトの営業の顔」であった東勇佑。そんな彼は、現在営業畑から離れ、パートナー企業である日本駐車場開発株式会社(以下、日本駐車場開発)へと出向。ダイレクトマーケティング本部長として、同社のDX推進を担っています。「営業もDXも、一番大切なのは愛」だと語る彼が大胆なキャリアチェンジに挑んだ理由とは。
  • 「新たな金融のカタチを創る」というミッションの元、中小・中堅EC事業者に広告費の後払いサービスを提供する株式会社バンカブル。デジタルホールディングス発の金融関連サービスに取り組む代表の高瀬は、これまでは異なる分野で活躍していました。キャリアは描くというよりも、振り返ると後ろにあるものだと語る高瀬がバンカブルの立ち上げに至った背景とは。
    ※Buy Now, Pay Laterの略称。後払い式の決済手段を指す。信用調査が簡易なため、欧米・若年層を中心に市場の広がりを見せている。

CAREERS NEW

PROFESSIONALS
生命保険会社での営業を経てオプトに中途入社し、プレイングマネージャーとして活躍する、大泉夢。オプト内の仕事はもちろんのこと、グループ会社との協業による新規事業展開などでも多くの成果を創出している。大泉が業界を変え、オプトに転職した理由とは。そして、これからのキャリアの展望とは。
EXECUTIVE INTERVIEW
2020年4月からグループCFOとしてファイナンス、IR、ITを管掌している加藤毅之。事業を理解し、事業サイドに寄り添うことができるCFOとしての期待を込めて現在の仕事を任されていますが、実は決して器用なタイプではなく、その分、人より時間をかけて仕事に取り組むことを心がけてきたそう。特に人が嫌いそうなこと、苦手そうなことには積極的に手を挙げ、熱心に取り組むことで、独自のポジションを確立してきました。そんな加藤が考える、デジタルホールディングスの使命とCFOとして目指すものとは。
PROFESSIONALS
自身のOJTトレーニーの指導にとどまらず、新卒メンバー全員への教育が評価され、株式会社オプトの2021年下期のベストトレーナー賞を受賞した西森智也。新卒メンバーからは「西森さんみたいになりたい」という声が多く上がっているという。西森が考える人材育成への想いとは。
PROFESSIONALS
「薬剤師の価値を再定義する」をミッションに掲げ、薬局業界の産業変革を目指す株式会社RePharmacy。同社で薬局と患者さんをつなぐLINE公式アカウント「つながる薬局」のカスタマーサクセスを担当しているのが江河翔太です。江河がオプトで携わってきた様々なチャレンジと、現在携わっている薬局業界で成し遂げたいこととは。
DIGITAL HOLDINGS JOB