GROUP CEO MESSAGE

もっと見る

グループCEO野内より、採用や人材に関する考え方についてご説明しています。

デジタルホールディングス
代表取締役社長 グループCEO

野内 敦

DIGITAL HOLDINGS
HISTORY

グループの沿革をご紹介しています。

もっと見る

ABOUT
DIGITAL HOLDINGS

デジタルホールディングスグループをインフォグラフィックスでご紹介しています。

もっと見る

デジタルホールディングスグループの社員や採用に関する情報を掲載しています。

CAREERS PICK UP

  • 2015年4月オプト新卒入社。SNSコンサルタントとして様々な企業のSNS活用支援に従事。ライターとして、若年層のSNSの使い方やInstagramマーケティングに関する記事を執筆。フリーのフォトグラファーとしても活動しており、撮影の仕事から派生する形で、スマホ撮影術などのセミナー講師、フォトスポット開発など仕事の幅を広げている。
  • 株式会社オプトの上席執行役員として、マーケティング事業を管掌する前村真之介。デザイナーとしてキャリアをスタートした後、当時業務提携をしていた電通に出向し、プランニング業務に従事するなど、活躍の幅を広げてきました。自身の好奇心を元にキャリアを築いてきたと話す前村が、今最も関心を持っていることとは。そしてオプトのマーケティング事業を担っていく上で、力を注いでいくこととは?
  • 国内最大規模を誇る、AI開発コンペティションを中心とした「データサイエンスプラットフォーム」を運営している株式会社SIGNATE。その中で高田朋貴は、データサイエンティストとして、コンペティションの設計やデータサイエンティスト育成のための教育コンテンツ開発などに携わっています。アカデミアの世界に居た高田が、ビジネスの世界の扉を叩いた理由とは?ビジネスでお客様と向き合う中で、大切にしている想いとは?
  • EXECUTIVE INTERVIEW
    デジタルホールディングスグループの人事最高責任者(CHRO)を務める石綿は、株式会社リクルートで、グループ人事部長を務め、同社のグローバル化を支えるなど人事領域から事業発展に貢献してきました。石綿がデジタルホールディングスグループで目指す人材改革とは?

CAREERS NEW

PROFESSIONALS
株式会社オプトでエグゼクティブ・スペシャリスト マーケティングストラテジストを担う鈴木智之。デジタルを活用したブランド戦略を行い、今まで数値化できていなかったブランドの資産価値を可視化する独自のマーケティング手法で、かつてない価値の創造に取り組んできた鈴木。そんな鈴木が考える、デジタルシフト時代に求められる新たなマーケティングとは。企業のマーケティング活動のサポート通して、どんな社会の実現を思い描いているのか。そのビジョンに迫りました。
PROFESSIONALS
株式会社デジタルシフトでDXコンサルタントとして働く成田敬祐。デジタルシフト化を目指す経営者の支援に取り組むかたわら、那須高原でのワーケーション(※1)サービス「ナスコンバレー構想(※2)」の立ち上げに尽力してきました。その情熱の源泉にはどんな想いがあるのか。彼が目指す新たなワークスタイルのあり方とは。お話を伺いました。
PROFESSIONALS
新規事業立ち上げ支援を強みとする、株式会社オプトインキュベート。伴勝也はこの組織で、管理業務から新規SaaS事業戦略の構想まで、幅広い業務に関わっています。経理の仕事からキャリアをスタートした伴は、経営に興味を持ち、MBA取得のための勉強を始めました。新規事業のハードルを下げ、どんどんチャレンジできる仕組みを提供したい、新規事業を進める人の力になれるような会社のCEOやCOOになり、世の中の新規事業担当者を助けたいと語る伴が、オプトインキュベートに参画した理由とは。そして世の中にどのような価値を提供していきたいのか。
PROFESSIONALS
企業のデジタルシフトを加速させる目的で設立されたオプトデジタルが設立4ヵ月でリリースしたSaaSサービスに携わりながら、オプトのマーケティングマネジメント部でも支援領域拡大の業務を担っている稲葉典之。新領域に果敢に挑み続ける背景には、学生時代からデジタルマーケティングが持つ力の大きさを信じ続けてきたことがありました。新たなミッションを掲げるデジタルホールディングスで、今、稲葉が挑もうとする領域とは。
DIGITAL HOLDINGS JOB