デジタルホールディングスグループの社員や採用に関する情報を掲載しています。

ALL
EXECUTIVE
この4月から新体制となった、オプト。最前線で指揮を執るのは、これまでオプト代表取締役社長 CEOを経て、デジタルホールディングスの取締役 グループCOOとしてグループを牽引してきた金澤大輔です。
新たなスタートラインに立った金澤に、これまでのキャリアと、デジタルホールディングス取締役 グループCOOとしての3年間の総括、そこから踏み出す次の目的地への歩み方を尋ねました。
EXECUTIVE
デジタルホールディングスグループの人事最高責任者(CHRO)を務める石綿純。2018年の就任以来、新しい価値を生み出せる組織づくり、豊かなビジネスマインドを持ち合わせた人材育成に力を注いでいます。
「個の尊重」を根底に置く石綿の人材に対する価値観。新年度からスタートする新たな経営戦略とどう掛け合わせていくのでしょうか。
PROFESSIONALS
2024年1月から、アプリスペシャリストとして、アプリマーケティングに関わるあらゆる案件に携わる名取虎之介。アプリ領域の確立に情熱を注ぐ、名取のこれまでの経歴と目指す先に迫ります。
PROFESSIONALS
デザイナーとして社会に出た阿部一馬。オプト入社後は、マネジメントで自分の正攻法を見つけ、デザイナー部門の組織拡大に貢献。現在は、クリエイティブとテクノロジーを掛け合わせたプロダクトの企画に情熱を注いでいます。
本インタビューでは、阿部のこれまでのキャリアと仕事観を紐解きながら、AI時代を生きる私たちに必要なスキルについて、本人ならではの切り口で語ってもらいました。
EXECUTIVE
30年にもわたる銀行でのキャリアで培った知見を惜しみなく注ぐ。その一方で、広告プロモーションの知識やノウハウを意欲的に学び、若手社員の瑞々しい感性から刺激を受け取る。仲間とお互いに高め合いながら働く姿を見せるのは、株式会社バンカブル取締役の石佛知己です。「常にワクワクしていたい」と話す石佛は、現在55歳。いまもなおフルスロットルで走り続けるその原動力と、目的地に迫りました。
PROFESSIONALS
2022年3月より、出向先の藤和那須リゾートでのDX推進に励む川真田一陽。社会人1年目の挑戦を形にして以来、その若さをハンデとせず、自分の進む道を開拓してきました。その取り組みは、『New Value Forum 2023』ルーキー部門でのグランプリ受賞にも繋がっています。ここに至る道程にはどんな思考と行動があったのか。その一片に迫ります。
PROFESSIONALS
昨年の『New Value Forum 2022』に続きファイナリストとなった、株式会社バンカブルチーム。今年、チームの代表としてステージに立ったのは、Sales Divisionに所属する松山陽裕です。2021年まで、バンカブル社の取引先企業に所属していた松山は、主力サービスである、広告費の4分割・後払いサービス『AD YELL』の生みの親の一人にして、同社の “マイナス一期生”という存在。そんな松山が、バンカブル社にジョインするまで、そして、「New Value Forum 2023」のファイナリストとなった経緯とともに、仕事観や今後の展望について語ってもらいました。
PROFESSIONALS
オプトインキュベート社の戦略ディレクターとして、社内外の新規事業立ち上げに携わる山賀美裕。デジタルホールディングスグループの全社員が集結し、「新しい価値創造」を体現する取り組みを発表するプレゼンテーションイベント『New Value Forum 2023』にファイナリストとして出場し、事業創造に対する思いの丈を語りました。そんな山賀に幾度となく訪れたキャリア選択という岐路。そのたびに何を考え、どのような決断をしてきたのでしょうか。山賀が歩んできた道と次に描く未来とは。
PROFESSIONALS
ことし4月6日に開催された、グループ社員総会『New Value Forum 2023』でグランプリを受賞した西山菜寧。受賞の背景には、業務改善のためにそれまで無縁だったプログラミングを習得しようと一念発起したことにあった。社内業務の改善を推進する思いは、いつしか社内を巻き込むムーブメントに。現在は、西山のもとプログラミングに取り組む社員の良き相談役として活動するほか、社内ツールの開発にも取り組んでいます。自ら仕事を創出し、グループ全社から求められるスキルを身に着けた西山が描いてきたキャリアとは。
PROFESSIONALS
好奇心を一番の原動力に、自修自得でそのキャリアを築いてきた、田中宏明。現在、株式会社オプト AIソリューション開発部 部長として、最先端テクノロジーの実践的な活用と新たなプロダクト開発に従事しています。いまの仕事について、「ヒトとAIの共創で、広告の可能性を広げていきたい」と語る田中が、これから描きたい未来とは。
EXECUTIVE
競合ひしめく求人広告業界で、営業としてキャリアの地固めをしてきた黒瀬優。オプト社に入社後は、数々の事業の立ち上げに携わってきました。今回、新たに任されたミッションは、「グループ営業力の強化」「グループとしての新たな価値提供のカタチ創り」この命題の実現の先に、どんな価値を提供していくのか、その先で見たい景色とは。
EXECUTIVE
デジタルホールディングスでファイナンス領域を統括している高橋慎治。新卒から一貫して会計・税務領域で経験を積んできた高橋は、事業サイドに立ったコミュニケーションが重要だといいます。高橋のこれまでの軌跡、今後の展望とは。
PROFESSIONALS
顧客体験を表す「Customer Experience(カスタマー・エクスペリエンス、以下CX)」。企業と顧客のありたい姿を描き、データを基軸に企業の本質的な課題解決に取り組む部署が、デジタルシフト社のCX共創事業領域 CXデザイン部です。2009年にオプトに新卒入社し、広告運用の経験を経て、CXデザイン部の部長を務めた横山かよ子。広告運用で培った知見は、現在もベーススキルとして活かされているといいます。運用型広告コンサルタントのバックグラウンドを持つCXデザイナーだからこその強み、そして、その視点が見据える今後の展望とは。
PROFESSIONALS
現在、PMO(Project Management Office)として担当している大規模プロジェクトが円滑に進むよう尽力するデジタルシフト社の各務慎平。トラブルが起きたときには素早く対処し、時にはエンジニアではないものの自分でコードを書くなど、キャリアのなかで多様な経験を積んできました。「プロフェッショナルであること」を自身の仕事観として掲げる各務が歩んできた道のりと、見据える未来とは。
PROFESSIONALS
広告の効果をより高められるよう、既存のクリエイティブに3DCGやAIを活用し、新たな表現手法を模索していくことを目的に誕生したオプトのクリエイティブ表現開発Lab「+do(プラスドゥ)」。2022年12月よりスタートしたこのLabを牽引しているのが、2018年に入社した端山祐也です。「+do」で端山が担う役割や今に至るまでの軌跡、今後の展望、そして、端山がテクノロジーで挑戦する、新たな広告クリエイティブとは。
PROFESSIONALS
デジタルホールディングスのIR担当として経営者と外部ステークホルダーの架け橋を担う伊藤ゆき。経営者を間近で見て、株主や投資家と直接対話する伊藤が考えるデジタルホールディングスグループの魅力、そしてこれからの展望とは。