デジタルホールディングスグループの社員や採用に関する情報を掲載しています。

ALL
PROFESSIONALS
株式会社オプトでエグゼクティブ・スペシャリスト マーケティングストラテジストを担う鈴木智之。デジタルを活用したブランド戦略を行い、今まで数値化できていなかったブランドの資産価値を可視化する独自のマーケティング手法で、かつてない価値の創造に取り組んできた鈴木。そんな鈴木が考える、デジタルシフト時代に求められる新たなマーケティングとは。企業のマーケティング活動のサポート通して、どんな社会の実現を思い描いているのか。そのビジョンに迫りました。
PROFESSIONALS
株式会社デジタルシフトでDXコンサルタントとして働く成田敬祐。デジタルシフト化を目指す経営者の支援に取り組むかたわら、那須高原でのワーケーション(※1)サービス「ナスコンバレー構想(※2)」の立ち上げに尽力してきました。その情熱の源泉にはどんな想いがあるのか。彼が目指す新たなワークスタイルのあり方とは。お話を伺いました。
PROFESSIONALS
新規事業立ち上げ支援を強みとする、株式会社オプトインキュベート。伴勝也はこの組織で、管理業務から新規SaaS事業戦略の構想まで、幅広い業務に関わっています。経理の仕事からキャリアをスタートした伴は、経営に興味を持ち、MBA取得のための勉強を始めました。新規事業のハードルを下げ、どんどんチャレンジできる仕組みを提供したい、新規事業を進める人の力になれるような会社のCEOやCOOになり、世の中の新規事業担当者を助けたいと語る伴が、オプトインキュベートに参画した理由とは。そして世の中にどのような価値を提供していきたいのか。
PROFESSIONALS
企業のデジタルシフトを加速させる目的で設立されたオプトデジタルが設立4ヵ月でリリースしたSaaSサービスに携わりながら、オプトのマーケティングマネジメント部でも支援領域拡大の業務を担っている稲葉典之。新領域に果敢に挑み続ける背景には、学生時代からデジタルマーケティングが持つ力の大きさを信じ続けてきたことがありました。新たなミッションを掲げるデジタルホールディングスで、今、稲葉が挑もうとする領域とは。
PROFESSIONALS
株式会社デジタルシフトで執行役員を務め、同社が提供する教育プログラム「デジタルシフトアカデミー」に携わる高橋典子。グループ最年少で執行役員に就任した背景には、自身の目標を明確に見つめ、高い視座を持って歩んできた過去がありました。今、高橋が見据える未来、そしてデジタル人財育成の先に描く、デジタルシフト支援の形とは。
PROFESSIONALS
テクノロジーによってあらゆるものが進化していく時代の中で、AI・データ分析人材をエンパワーし社会の課題解決に挑戦する株式会社SIGNATE。糸賀拓馬は、その前身である株式会社オプトワークス設立時からのメンバーで、バックオフィスから営業、企画、マーケティング、プロダクトマネジメントまで幅広く担っています。SIGNATEが描くプラットフォーム構想の中で、海外留学と人材サービス会社での経験を経た糸賀が発揮する価値とは?その背景と想いに迫ります。
PROFESSIONALS
株式会社オプトのブランドソリューション開発部で部長を務める、千島航太。ブランディングとダイレクトマーケティングを繋ぐことを目的に、デジタル広告とテレビCMを融合したマーケティング支援などを行っています。過去には自身が立ち上げた会社の幕引きを決断するなど、多様な経験を経て、今、オプトで新たな挑戦を続けています。そんな経験から生まれた「サステナブルな場づくり」への想いや今目指している姿について、話を伺いました。
PROFESSIONALS
現在、コンテンツプランニング部、メディアコンテンツ部、インフルエンサーマーケティング部と、コンテンツマーケティングに関する3つの部署を部長として管掌する野口陽介。
PROFESSIONALS
国際的な広告祭で審査員を務めるなど、オプトを代表するクリエイティブディレクターの高田勝義。日本を代表するコピーライターである眞木準氏に師事してキャリアをスタートさせ、大手広告代理店などで経験を積んできました。そんな高田が株式会社オプトに入社した理由とは?高田が考える広告コミュニケーションにおけるデジタルの可能性、そしてこれからの広告の在り方に迫りました。
PROFESSIONALS
株式会社オプトにて、LINE戦略部の部長を務めながら、2020年4月に新設した「LINE Innovation Center(LIC)」の副センター長を兼任する早田翼。LIC設立の元になったのは、「LINE社と共にイノベーションを起こすことで、お客様により新しい価値を提供していける」という想いでした。LINE社にとって唯一無二のパートナーとなるために、早田が力を入れたこととは。LINEという巨大プラットフォームとの繋がりがあるからこそ、実現できることとは?
PROFESSIONALS
O2O、オムニチャネル領域のマーケティング支援を行う株式会社コネクトムで代表取締役社長を務める久米田晶亮。アメリカの注目トレンドであったO2O分野に可能性を感じ、会社を起ち上げたものの、市場黎明期からの取り組みは厳しいものでした。苦難を乗り越え、今変革の時期を迎えているコネクトムの新サービスと、社会に提供する価値に迫ります。
PROFESSIONALS
株式会社オプトのソーシャルメディアマーケティング部で、主に企業のSNS活用支援を行っている鵜ノ澤直美。中学生の頃からSNSを利用し、独自の分析やお客様への支援を重ねて、業界でも認知されるSNSコンサルタントとなった彼女の歩み、そしてその先に見るキャリアイメージを伺いました。
PROFESSIONALS
株式会社オプトの社員として、お客様である大手化学メーカーに常駐し、内部からデジタルマーケティングの支援を行う児山遼平。常駐というスタイルにたどり着いた背景には、「もっとマーケティングに根本から関わりたい」という想いがありました。常駐しているからこそ、お客様に提供できる価値とは何なのか?児山が築いてきたキャリアから迫ります。
PROFESSIONALS
株式会社オプトの上席執行役員として、マーケティング事業を管掌する前村真之介。デザイナーとしてキャリアをスタートした後、当時業務提携をしていた電通に出向し、プランニング業務に従事するなど、活躍の幅を広げてきました。自身の好奇心を元にキャリアを築いてきたと話す前村が、今最も関心を持っていることとは。そしてオプトのマーケティング事業を担っていく上で、力を注いでいくこととは?
PROFESSIONALS
株式会社コネクトムのセールス・カスタマーサクセス部で部長を務める山内宏記。コネクトムの創業メンバーとして、O2O、OMO領域にいち早く取り組んできました。充分に認知されていない市場で、お客様の信頼を得るために、苦労しながらも注力してきたこととは。そして、今後新しい価値を発揮していくために、取り組んでいくこととは?
PROFESSIONALS
国内最大規模を誇る、AI開発コンペティションを中心とした「データサイエンスプラットフォーム」を運営している株式会社SIGNATE。その中で高田朋貴は、データサイエンティストとして、コンペティションの設計やデータサイエンティスト育成のための教育コンテンツ開発などに携わっています。アカデミアの世界に居た高田が、ビジネスの世界の扉を叩いた理由とは?ビジネスでお客様と向き合う中で、大切にしている想いとは?