DIGITAL SHIFT BEATS

新しい価値創造に挑戦し続ける人や文化をお届けします。
グループが一体となって鳴らす「デジタルシフト」の鼓動をお聞きください。

FUTURE

新しい価値創造に挑戦し続ける人や文化をお届けします。
グループが一体となって鳴らす「デジタルシフト」の鼓動をお聞きください。

PEOPLE

新しい価値創造に挑戦し続ける人や文化をお届けします。
グループが一体となって鳴らす「デジタルシフト」の鼓動をお聞きください。

CULTURE

新しい価値創造に挑戦し続ける人や文化をお届けします。
グループが一体となって鳴らす「デジタルシフト」の鼓動をお聞きください。

  • CULTURE
    デジタルホールディングスグループでは、性別やバックグラウンドなどに関係なく、多様な人材が活躍できることを目指しています。「新しい価値創造を通じて産業変革を起こし、社会課題を解決する。」というパーパスを掲げる当グループにとって、多様性は新しい価値創造の源泉であり、DE&I(ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン)は、重要な経営戦略のひとつです。

    当グループは、社員の43.8%(2023年7月時点)が女性であり、女性活躍は重要なテーマです。今年はデジタル・キャリア・カフェに加えて、女性社員の育成に関わるマネージャーを対象に「ダイバーシティマネジメント 女性社員育成研修」を実施しました。
    社員の育成におけるマネージャーの役割を再認識し、女性のキャリアに関する特性や課題を、マネジメントする上司も共に学び、キャリアの伴走者となることで、包括的な女性社員の自己実現の支援を目的としています。
    本記事では、参加者の声も交えながら研修の様子をレポートします。
    2023.12.22
  • CULTURE
    デジタルホールディングスグループでは、性別やバックグラウンドなどに関係なく、多様な人材が活躍できることを目指しています。「新しい価値創造を通じて産業変革を起こし、社会課題を解決する。」というパーパスを掲げる当グループにとって、多様性は新しい価値創造の源泉であり、DE&I(ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン)は、重要な経営戦略のひとつです。

    当グループは、社員の43.8%(2023年7月時点)が女性であり、女性活躍は重要なテーマです。その実現に向けた取り組みのひとつが、2022年から実施している、女性社員を対象としたキャリア研修「デジタル・キャリア・カフェ(以下、キャリアカフェ)」です。
    本記事では、参加者の声も交えながらキャリアカフェの様子をレポートします。
    2023.12.20
  • CULTURE
    デジタルホールディングスグループは、男性の育児休業取得促進を目的に、2022年4月より最短10日から最長20日まで取得可能な特別有給休暇「チャイルドケア休暇」をスタートしました。導入後の取得者は20名を超え、2022年度の男性育休取得率は83.3%まで上昇しました。育休前面談などのサポート体制の構築や、全管理職に対し男性育休に関する研修を必須参加とするなど、理解促進と環境づくりにも力を注いでいます。

    今回は、本制度を利用した男性社員3名の体験談を聞く座談会を実施。取得の効果や自らに起きた意識の変化、さらには会社の現状から考えられる課題と解決に向けた提言まで、思いのままに語ってもらいました。後編は、「チャイルドケア休暇」によって得られた学びや価値観の変化を振り返り、組織のなかでの活かし方を模索します。
    2023.11.01
  • CULTURE
    デジタルホールディングスグループ(以下、当社グループ)では、パーパスやバリュー(「5BEATS」)にも記している「新しい価値創造」を体現する社員を讃えるグループ社員総会『New Value Forum』を2021年度から開催しています。今回、この機会を年に一度に留めるのではなく、年間を通して社員とともに探索する機会にしたいと考え、『New Value Forum 2023』のファイナリストたちによる社内イベントの開催に至りました。
    今回、『New Value Forum 2023』プロフェッショナル部門において準グランプリを受賞した株式会社オプトECチャネル戦略部チームマネージャーの塚本くるみと、同部部長の山岡真士による座談会と懇親会を、第一弾イベントとして2023年9月26日(火)に実施しました。

    イベント参加者からは、「事業の変遷と個人のモチベーションの推移を重ねることで、自分自身を投影しながら理解ができた」「プロダクトを生み出し、ユーザーを増やしながら課題を解決していく当社グループならではの一つの型を知ることができた」など、さまざまなコメントが寄せられました。

    こちらは、その座談会の内容をまとめたレポートです。
    2023.10.31
  • CULTURE
    デジタルホールディングスグループは、男性の育児休業取得促進を目的に、2022年4月より最短10日から最長20日まで取得可能な特別休暇制度「チャイルドケア休暇」をスタートしました。導入後の取得者は20名を超え、2022年度の男性育休取得率は83.3%まで上昇しました。育休前面談などのサポート体制の構築や、全管理職に対し男性育休に関する研修を必須参加とするなど、理解促進と環境づくりにも力を注いでいます。
    今回は、本制度を利用した男性社員3名の体験談を聞く座談会を実施。取得の効果や自らに起きた意識の変化、さらには会社の現状から考えられる課題と解決に向けた提言まで、思いのままに語ってもらいました。前後編の2回に分けてお届けします。
    2023.10.30
  • CULTURE
    2023年9月19日(火)、株式会社オプトは、データ解析・機械学習技術を用いたサービス開発を手掛けるRe Data Science株式会社(※1)と共同で、『画像生成AI×効果予測AIを活用した広告クリエイティブデザインコンテスト』を開催いたしました。
    本資料は、『画像生成AI×効果予測AIを活用した広告クリエイティブデザインコンテスト』の概要ならびに、当日の様子をダイジェストとしてまとめたイベントレポートです。
    2023.10.19

STUDY

新しい価値創造に挑戦し続ける人や文化をお届けします。
グループが一体となって鳴らす「デジタルシフト」の鼓動をお聞きください。

  • STUDY
    LINEヤフー株式会社は、2024年1月29日、キラメックス株式会社と連携し、生成AIの業務活用などを学ぶことができる「データ・AI活用人材育成プログラム」を法人向けに提供開始しました。本プログラムは、未経験者や初心者でもIT技術を使いこなせるよう、「文系デジタル人材」の育成支援を目指しています。この発表に合わせて、両社は同日、「データ・AIを使いこなす『人・組織』になるには」をテーマとした勉強会を開催しました。今回は、本勉強会のなかで行われたトークセッションをレポートします。
    2024.02.21
  • STUDY
    2024年1月16日(火)、オンラインセミナー「【生成AI×マーケティング最先端】生成AI時代のマーケターに求められる必須スキルとは」を開催しました。今回は、本セミナーから、一般社団法人生成AI活用普及協会(以下、GUGA) 企画室 室長 三浦 康平氏と、株式会社オプト AIソリューション開発部 部長 田中 宏明氏が登壇したプログラムをレポートします。それぞれのプログラムでは、生成AIを取り巻く動向やマーケティング業務での具体的な活用事例などが明かされたほか、セミナーの最後には三浦氏から、改めて、生成AI時代のリスキリングのポイントが語られました。
    2024.02.14
  • STUDY
    ウィズコロナからアフターコロナの時代に移行したことで、多くの観光地が賑わいを取り戻しつつあります。インバウンド数もコロナ禍以前の2019年の基準に近づきつつある一方、オーバーツーリズムや少子高齢化による人手不足など解決しなければならない課題も残されています。2024年以降のインバウンド動向と課題を解決に導くテクノロジーについて、インバウンド戦略研究所の代表を務める清水 泰正氏に伺います。
    2024.02.07
  • STUDY
    本記事では、デジタルシフトを実現しながら新規上場を果たした企業に焦点を当てていく。今回は、ドローン・ロボット事業を手がける「ブルーイノベーション株式会社」を取り上げる。同社は、国内ドローン企業では2社目として、2023年12月12日に東証グロース市場に上場した。初値は2,023円で、公開価格の1,584円を上回った。
    2024.01.31
  • STUDY
    サービス開始から1年5ヶ月で会員数100万人を突破するなど、快進撃の続くchocoZAP(チョコザップ)。店内はトレーニングマシンだけでなく、セルフエステやセルフ脱毛の機器、マッサージチェアやワークスペースが並ぶ、至れり尽くせりの空間となっています。従来のジムがターゲットにしていた「筋トレガチ勢」ではなく、徹底的に初心者フレンドリーにした戦略が功を奏し、40都道府県に1,160店舗※の出店を達成しました。完全無人化のchocoZAPの躍進を支えるDX戦略について、RIZAPグループ 代表取締役の瀬戸 健氏に伺います。
    2024.01.23
  • STUDY
    インターネットの普及以来、技術革新のスピードが圧倒的に速くなったと言われるなか、生成AIの登場により、その速度はさらに増すばかりとなっています。そのような指数関数的(Exponential)に進化するテクノロジーを適切に活用すべく、2023年11月29日、株式会社マクニカが「最先端テクノロジーを俯瞰し共に未来を創る」をコンセプトとしたカンファレンス「Macnica Exponential Technology 2023」を開催しました。本記事では、そのなかから、筑波大学 准教授でメディアアーティストとして活動する落合 陽一氏が登壇したセッション「フィジカルとデジタルを生きる 新しい私の証。」をレポートします。
    2024.01.18

Pick Up

MOVIE

デジタルホールディングスの社員総会「New Value Forum 2023」プロフェッショナル部門にて、グランプリを受賞した西山の人生を辿るドキュメンタリー映像です。