デジタルホールディングスグループの社員や採用に関する情報を掲載しています。

EXECUTIVE INTERVIEW
EXECUTIVE INTERVIEW
2021年9月に社名を変更し新たにスタートした株式会社リテイギ。「すべての産業を、ともに再定義する。」というミッションには、これまで日本の産業を支えてこられた先人たちへのリスペクトが込められているという。業界の秩序やビジネスモデルに破壊をもたらす「ディスラプター」ではなく、業界や産業に対してサポーティブな「イネーブラー」であることを志す、彼らが目指すものとは。
EXECUTIVE INTERVIEW
「全力を尽くし、限りなき成長の仕組みを創出する。」というミッションを掲げ、今年7月に新たに設立されたアンドデジタル株式会社。地方中小企業のDX支援に特化した同社が目指す未来、そして、代表取締役CEOに就任した伊藤雄剛がこの事業に懸ける想いとは。
EXECUTIVE INTERVIEW
2021年の1月に事業ピボットを前提とし、経営体制変更を遂げた株式会社コネクトム。新たな中核事業に「店舗集客を目的とした、店舗情報管理、分析、情報配信(広告配信含む)SaaS開発・販売事業」を据え、集客におけるプロセスの“負”の解決をめざすという。新代表に就任した奥田知広は、同社のミッションも刷新した。ミッションに対する奥田の想い、そして目指していきたい未来とは。
EXECUTIVE INTERVIEW
広告代理の市場に「新しい基本」を創る。4月より、株式会社オプトの代表取締役社長に就任する栗本聖也が広告領域で掲げる新たなミッションだ。これまでデジタル領域を中心に、広告代理店として実績を積み重ねてきた同社がミッションを刷新した背景には、「これまでのビジネスモデルで、クライアントに真の価値を届けられているか?」という疑問があったという。そんな栗本に、これからの広告領域でめざすべき姿を尋ねた。
EXECUTIVE INTERVIEW
デジタルホールディングスのグループ執行役員を務める石原靖士。エンジニアとして就職、独立起業を経験した後、営業職で株式会社オプトに入社しました。常に意識しているのは、与えられた型にはまらず、物事の本質を理解して発展させていくこと。その姿勢は、新規事業や新組織の立ち上げにも活かされています。デジタルホールディングスがデジタルシフトを推進していく意義とは。そして、これから目指すデジタルシフトの形とは?
EXECUTIVE INTERVIEW
デジタルホールディングスグループにおけるデジタルシフト事業の中核を担う株式会社デジタルシフトを設立し、その取締役副社長を務める吉田康祐。これまでも、グループの新規事業を積極的に手掛け、事業拡大をけん引してきました。吉田が考えるデジタルシフト社の意義に迫ります。
EXECUTIVE INTERVIEW
株式会社SIGNATEが提供する、日本最大のAI開発人材ネットワーク「SIGNATE」。数万人のデータサイエンティストと、AI活用を考える企業をマッチングするだけでなく、AI人材の育成や採用の役割も果たしています。このサービスの誕生の背景には、日本社会におけるAI活用の壁に立ち向かおうとする代表の齊藤秀の想いが込められていました。齊藤が描くSIGNATEと日本の未来に迫ります。
EXECUTIVE INTERVIEW
デジタルホールディングスグループの人事最高責任者(CHRO)を務める石綿は、株式会社リクルートで、グループ人事部長を務め、同社のグローバル化を支えるなど人事領域から事業発展に貢献してきました。石綿がデジタルホールディングスグループで目指す人材改革とは?
EXECUTIVE INTERVIEW
株式会社オプトの代表取締役社長CEOの金澤は、デジタルマーケティングを幅広く支援するオプトへと変革を図っており、既に「インターネット広告代理店」の枠を超えた事業を次々と遂行しています。大きな変革を志したのは、お客様や社会に真に貢献できるビジネスモデルの必要性を痛感したある経験からでした。